同友会ニュース

【18.01.01】新年のごあいさつ

2018年新年のご挨拶
あけましておめでとうございます 

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年来、北朝鮮や中東の問題がまさしく予断を許さない状況となっており、世界経済は先行きの不透明感をさらに強めています。

 日本経済は、やや好転した感はありますが、人材不足についてはますます深刻になってきており、採用・定着・育成の成否が企業の命運を左右している状況にもなってきました。中小企業にあっては、事業承継も大きな課題。後継者不在による廃業も少なくありません。

 こうした中、わが中小企業家同友会は「人を生かす経営」をベースにした「経営指針に基づく経営」による「企業づくり」を推進するとともに、その自助努力を前提とした「政策提言」など行政や中小企業団体、金融機関、教育・研究機関などとの協力・連携も、一段と大きく広がっています。立ち位置の変化とともに、果たすべき使命もますます大きくなってきていることを感じます。

 私たちへの大きな期待に応えるためにも、「経済を牽引する力」、「地域社会の主役」として自覚と誇りを持って、同友会での学びあいの活動に一層力を注いで、真の人間尊重経営を実践する企業を増やし、地域と日本経済の発展をはかる年にしていきましょう。

 2月8〜9日には、兵庫県神戸市で第48回中小企業問題全国研究集会が開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。

2018年1月1日
中小企業家同友会全国協議会(中同協)
会長 広浜泰久
   役員一同

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS