トピックス

地域支える使命感もち目標達成を~中国ブロック 初の仲間づくり連携交流会

10月18~19日、中同協中国ブロックの「仲間づくりの輪を広げる連携交流会」が岡山市で開催され、5同友会・中同協から50名が参加しました。

2019年全国5万名会勢実現に向けた各地の取り組みを交流するとともに、連携強化を図り、ブロック全体で仲間づくりの機運を高めることなどを目的に開催されたもので、増強をテーマに据えたブロック交流会としては初めて行われたものです。

冒頭、開催地を代表して松尾正男・岡山同友会代表理事が、西日本豪雨災害への支援に感謝を述べるとともに、「大きなめあてをもって仲間づくりを」とあいさつしました。

1日目は、長崎同友会理事・仲間づくり委員長の原田良太・社会福祉法人宮共生会理事長、同佐世保支部仲間づくり副委員長の野田洋市・(株)野田武一商店代表取締役から「なぜ会員増強が必要なのか」をテーマに問題提起がありました。両氏からは長崎同友会佐世保支部が大きく会員数を伸ばしてきた背景や具体的な取り組みなどについて紹介がありました。

2日目は、各同友会から今年度増強方針と目標の紹介があり、「各地の増強目標をいかに達成するか」をグループで交流。続いて各同友会の代表理事による決意表明が行われました。各代表理事からは「目標は必ず達成する」「ブロックとしての連携をより強く」など力強い発言があり、最後に川口護・中同協副会長が「われわれが地域を支えるという大きな使命感をもって取り組もう」と呼びかけました。

閉会後には中国ブロック代表者会議が開催され、吉川日生・山口同友会代表理事のミニ経営体験報告、ブロックのビジョンについての意見交換などが行われました。

「中小企業家しんぶん」 2018年 11月 5日号より

このページの先頭にもどる

トピックス

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS