同友会ニュース

【岩手同友会】全国からの希望のこいのぼり800匹、陸前高田の青空高く舞い踊る(2011.05.08)

一緒に地域を再興しよう

写真1  5月1日~8日までの7日間(5月2日は強風のため中止)、岩手同友会の「けせん朝市」が陸前高田市で開かれました。「街の復興のためには、早く商店を復活させなければ」と支部会員が同友会の枠を越えて呼びかけ、10店が集まりました。
 震災から2ヶ月が経ち「そろそろ新鮮な魚が食べたい」「賑わいがあって自分で選べる店が欲しい」など地域から切実な声もあがっていました。何もかも失ってしまった商店や飲食店では、再開をあきらめかけた経営者の声も聞こえていました。そんな一人ひとりを訪問し支部役員が声をかけ、励まし「一緒に地域を再興しよう」と握手をしていきました。

料理人にとってこの瞬間が最高の幸せ

写真2  飲食店も11店が日替わり出店を決めました。しかし肝心の小さなプレハブが手に入りません。無いならつくるのが同友会です。急きょ「同友ハウス」をつくることを決め、連日県内各地から屋根瓦業、庭師、浄化槽業…総勢20名を越える方々が毎日深夜2時すぎまで作業に入り、たった3日で厨房付きの調理場を完成させました。
  オープン初日、全国から送っていただいた自転車配布に並んだお客様は約200名。「旨い。そう、この味」笑顔で蕎麦をすする姿に「料理人にとってこの瞬間が最高の幸せ」。互いに笑顔で一杯の瞬間でした。

のべ2000名を越える来場者

写真3  空には全国から寄せていただいた800匹の希望のこいのぼりが元気に泳ぎ、広場では同友会の会員による宝探しゲームや白いこいのぼりに自由に絵を描くイベントなどが行われ、沢山の子ども達の歓声がこだましました。

 期間中訪れた延べ人数は2000名を越え、地域からの期待は益々高まっています。 写真4

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS