同友会ニュース

【19.04.26】同友会景況調査「DOR」128号を発行しました

中小企業景気も下方屈折、前途の不安定さ拭えず

 業況判断DI(「好転」−「悪化」割合)は7→3、売上高DI(「増加」−「減少」割合)は7→5、経常利益DI(「増加」−「減少」割合)は0→△1、足元の景況を示す業況水準DI(「良い」−「悪い」割合)は12→4 と、すべて「悪化」「減少」であった。特に、製造業の業況判断DI では、今期4を予測していたが、8→△4と大きく屈折した。これが、他の業種へ波及するか否かがポイントになろう。(概要から抜粋)

 詳しくは本文をご覧ください。

DOR128号(2019年1〜3月期)(PDF2492KB)
*以前のものはこちらからダウンロードすることができます。

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS