調査・研究

指標は好転するも、懸念は募る
 原材料費等の仕入額は急上昇へ

DOR141号(2022年4〜6月期景況調査)速報

悪化した主要指標はすべて前々回並みに回復した

 業況判断DI(「好転」−「悪化」割合)は△7→6、足元の景況を示す業況水準DI(「良い」−「悪い」割合)は△12→△3、売上高DI(「増加」−「減少」割合)は△1→10、経常利益DI(「増加」−「減少」割合)は△11→△1と、前回悪化した主要指標はすべて前々回並みに回復した。
 しかし、懸念は募る。特に仕入単価はDOR開始以来最大水準。経営の中心課題は価格転嫁にかかっている。円安やウクライナ危機を考えると、価格転嫁の交渉は何回も必要となる。お客様と原材料費や単価を話し合い、全力で取り組もう。ロシアのウクライナ侵攻は、エネルギー・穀物価格の高騰をもたらし、国際協調・グローバリゼーションの綻び、貿易・通貨体制に影響を生じつつある。
 業況判断DIを業種別に見ると、建設業が△22→△12、製造業が△1→8、流通・商業が△9→1、サービス業が1→23と、すべて好転した。地域経済圏別では、北海道・東北が△17→△6、関東が1→7、北陸・中部が△2→9、近畿が2→15、中国・四国が△8→6、九州・沖縄が△17→5と、すべて回復。企業規模別では、20人未満で△9→4、20人以上50人未満で△7→6、50人以上100人未満で△11→9、100人以上で9→9と、100人以上以外で好転している。 次期(2022年7〜9月期)は、業況判断DIが6→2、業況水準DIが△3→△7、売上高DIが10→8、経常利益DIが△1→△4、と予測。主要指標はすべて悪化を予想。次期の業種別の業況判断DIでは、建設業が△12→△16、製造業が8→3、流通・商業が1→△3、サービス業が23→19と、悪化を予測している。

コロナ発生から3年…営業の原点にかえって学び直そう

 採算面では、仕入単価DI(「上昇」−「下降」割合)が68→81に、売上・客単価DI(「上昇」−「下降」割合)も24→39となり、仕入単価DI−売上・客単価DIは44→42とほぼ横ばい。ただ、仕入単価DIは、総合工事業(民需中心)が89→100、金属製品製造業が93→96、ウクライナ危機や上海ロックダウンによる部材調達難や資源価格などの高騰が企業業績を圧迫、価格転嫁が喫緊の課題となっている。
 雇用面では、正規従業員数DI(「増加」−「減少」割合)は4→11と増加し、臨時・パート・アルバイト数DIも△3→4と増加した。所定外労働時間DI(「増加」−「減少」割合)も△4→△5と横ばい。人手の過不足感DI(「過剰」−「不足」割合)は△34→△33と依然高い水準。設備の過不足感DI(「過剰」−「不足」割合)は△18→△13と不足感は弱まった。
 会員の記述からは営業に力を入れる記述が目立つ。「コロナ発生から3年目、その間に手薄になった(訪問ができなかったので)販売先を改めて攻め直している(大阪、ビルメンテナンス業)」。「失注を防ぐため、営業体制を見直し、代表取締役直属の部門と技術部門の二手に分け、明確に営業範囲を振り分けた。この体制を当面は継続し、企画提案型の営業は代表直下で進める(東京、ソフトウェア業)」。営業の原点にかえって学び直すと共に、営業体制で工夫することも求められよう。

米経済の景気後退入りか…スタグフレーションが現実味を帯びる

GDP は 2022 年 1〜3 月期の改定値が年率換算で 0.5%減と速報値(1.0%)から上方修正した。ただ、 2 期ぶりにマイナスとなり、一進一退が続く日本経済の本格回復への道のりは険しいままである。 日銀短観は大企業製造業が 5 ポイント悪化し 9 となった。2 四半期連続で悪化した。資源価格の高止まりと中国のロックダウン(都市封鎖)による供給制約の強まりが景況感を押し下げた。大企業非製造業は新型コロナの感染状況の落ち着きを背景に、2 期ぶりに改善(4 ポイント)し 13 となった。 米経済の景気後退入りは、そう遠くない。そんな見方が急速に広がった。インフレが収まらないうちに景気後退に入るスタグフレーションが現実味を帯びてくる。

(2022年7月6日発表)

*本文中特に断りのない限り、業況水準以外は前年同期比
*詳細は2022年7月29日発行のDOR141号をご覧下さい

[調査要領]
調査時:2022年6月1〜15日
対象企業:中小企業家同友会会員
調査の方法:郵送により自計記入を求めた
回答企業数:2,200社より892社の回答をえた(回答率40.54%)
(建設158社、製造業276社、流通・商業256社、サービス業195社)
平均従業員数:役員を含む正規従業員38.19人
       臨時・パート・アルバイトの数33.78人

PDF資料はこちら(PDF754KB)

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS