トピックス

広げよう同友の輪つくろう豊かな未来

全国からの入会候補者の紹介をお願いします

 中同協では、全国5万名会員の達成をめざして、「広げよう同友の輪 つくろう豊かな未来」のキャッチコピーのもと全国的な入会候補者紹介キャンペーンを実施しています。現在、東京・富山・福井・静岡・三重・岐阜・大阪・岡山・佐賀の各同友会がキャンペーンを実施しています。岡山・富山からの増強への思いを紹介します。ぜひ全国からの紹介をお願いします。

【富山】創立40周年 第7次中期ビジョンの実現へ

 富山同友会では、2020年には富山同友会創立40周年を迎えます。2019年は第7次中期ビジョンのスタート年となります。

 中期ビジョンでは、毎年純増20名、5年で100名の純増を目標に掲げています。

 昨年より仲間づくり協議会を改め、3役支部長会議の中で純増の成功体験や各支部の取組みを話しあっています。富山同友会は、2011年の青年経営者全国交流会(青全交)で飛躍的な純増を遂げましたが、それ以降退会が続き、長年大きな目標を達成できず悶々としておりました。

 そして、全国の会員から成功体験を報告していただく仲間づくり例会を、全県理事を中心に3年間ほど続けました。また、定時総会にて、仲間づくり表彰も実施してきました。いろいろ試行錯誤しながら、中同協幹事会や役員研修会などで刺激を受けたことを富山に取り入れてきました。

 2017年には女性経営者全国交流会(女全交)、そして2つの新支部を設立、ようやく純増の成功体験を得ることができました。2年後には新たに新支部設立の構想もあります。

 現在の取り組みとしては、例会や「同友会を知る会」に必ず参加をしてもらい納得して入会してもらう。そして入会したら、自社の「経営環境レポート」を報告してもらい、フォローをしていくという地道な努力をしています。時間はかかりますが地道に実施し、増える組織、減らない組織をめざしています。

 毎年、3月(年度末)には最後の最後の日まで、入会申込書が届いたかどうかと連絡を取りあっています。2019年度は余裕をもって最後の日を迎えたいものです。また、最近の取り組みとしては、総務委員会を中心として理事会終了後に入会式を行っています。e.doyuの説明や簡単なオリエンテーションを行い新入会員の活動参加を促しています。

 今回のこのキャンペーンでは、とても期待をしています。ぜひ全国から富山県の企業とのご縁をご紹介していただき、5万名必達へ富山同友会も胸を張り、貢献していきたいと思っております。

富山同友会副代表理事 島 幸美

【岡山】岡山同友会といえば「共育」

 人材育成でお悩みの方も、そうでない方も、ぜひ、岡山同友会へ!

 岡山同友会でも入会対象者のご紹介を広く全国に求めると同時に、県外の入会候補者の紹介を会内で募っています。

 2018年度は、純増ベースでは過去10年で最高実績となる19人の会勢拡大を実現し、4月1日時点の会員は567人になりました。19年度も引き続きこの機運を高めつつ、全国5万名会員実現に向けた仲間づくりに取り組んでまいります。

 岡山同友会は、昨年20期を迎えた「社員共育大学」をはじめ、幹部社員大学や同友会大学など、経営者と社員が共に学ぶ場を数多く設けています。働くこととより良く生きることの関係を労使が一緒に考え、単なる方法論にとどまらない本質的な学びを追求しています。受講社員からは「経営理念に込めた社長の思いが初めて理解できた」「役割と責任が明確になった」などの感想が多数寄せられる一方、経営者にとっても他社の社員の意見を通じて自社と自身とを客観的に振り返る貴重な機会となっています。

 若者の大企業・大都市志向が続く中、自社と地域の将来を担う人材の育成は中小企業にとっては死活問題です。そして、社員が自分の人生と働くこととを重ね合わせて考え、仕事を通じて人間的な成長を実現することができる組織づくりはますます重要な課題になりつつあります。こうした魅力的な企業づくりと人材育成に真摯に取り組む会員企業を1社でも多く増やし、「2019社員教育活動全国研修交流会(11月28~29日)」では大勢の仲間で全国の皆さんをお迎えしたいと考えています。ぜひ、ご協力のほどよろしくお願いします。

「中小企業家しんぶん」 2019年 4月 15日号より

このページの先頭にもどる

トピックス

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS