トピックス

【新型コロナ】 地域医療を守れ! 医療用ビニールガウンの製造プロジェクト始まる【滋賀】

 滋賀同友会の新産業創造委員会では、新型コロナウイルスの感染拡大が続く下で、医療機関の装備品不足を支援するために院内用ビニールガウン製造プロジェクトがスタートしました。すでにガウン2000着を製造し(4月30日現在)、長浜赤十字病院や滋賀県に納品。その後も医療関係者や、京都同友会からの要請に応えて製造に取り組んでいます。

 プロジェクトの始まりは、4月15日に「病院で使うビニールエプロンを作れませんか?」と事務局に寄せられたSNSのメッセージ。かねてより同友会の活動に参加していた、龍谷大学先端理工学部の塩見洋一教授からの発信でした。

 事情をうかがったところ、友人が副院長の長浜赤10字病院で、診察時に汚染から身を守る袖付きガウンが不足し、地元で作れるところを探しているとのこと。早速、新しい仕事づくりを担う新産業創造委員会で意見交換し、地域医療の支援は社員や家族の生命を守ることだと、プロジェクトを立ち上げました。

 しかし、誰一人ビニールガウンを作ったことがありません。そこで、プロジェクトへの協力を表明した会員を中心に今すぐ自社でできることを共有し、試作から量産を担える(有)ワークロード(川崎博治代表取締役)と、ツジコー(株)(辻昭久代表取締役)の2社でスタートしました。

 試作品には「ナースに着ていただきましたが、クオリティが高く大好評!」だと返事があり、4月27日から手作業で製造を始め、30日には2000着を納めることができました。

 医療現場の窮状を訴えた、1本のメッセージから始まったプロジェクトが、わずか2週間足らずで現場の期待に応える成果を上げられたのは、「国民や地域と共に歩む中小企業」をめざす同友会の仲間であったからこそ。

 プロジェクトでは引き続き医療関係者の要請に応えていくとともに、全国の同友会から希望があれば作り方を伝え、中小企業による地域医療の支援と仕事づくりにつながればと考えています。

「中小企業家しんぶん」 2020年 5月 25日号より

このページの先頭にもどる

トピックス

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS