<< 中小企業家しんぶんのトップに戻る

中小企業家しんぶん

コラム「円卓」のバックナンバー インデックス

2002年 >> 2003年 >> 2004年 >>
2005年 >> 2006年 >> 2007年 >>
2008年 >> 2009年 >> 2010年 >>
2011年 >> 2012年 >> 2013年 >>
2014年 >> 2015年 >> 2016年 >>
2017年 >> 2018年 >>  
●2019年 4月 5日号

▼各地から合同入社式の記事が届く季節です。2月1日時点で、今春大学卒業予定者の就職内定率は91・9%で8年連続の上昇でしたが、これは採用難度の高まりを示す数値でもあります。(続きを読む >>

●2019年 3月 25日号

▼「結局、思いつき経営になってしまっているんですよ」という反省の弁をよく聞きます。自社で何らかの問題が起きれば、やはり経営者ですから改善に向けて進みます。(続きを読む >>

●2019年 3月 15日号

▼昨年の暮れぐらいから、電子マネーの利用者が急激に増えています。子どもたちへのお年玉が「楽天ペイ」だったり、神社や寺のさい銭に「電子マネー」が使われているそうです。(続きを読む >>

●2019年 3月 5日号

▼「東北の再生エネ、横浜市に供給」と日本経済新聞東北経済面の見出し(2月21日朝刊)。脱炭素化に取り組む横浜市が、青森県横浜町の風力発電施設から電力供給を受けるもので、2050年をめどに温暖化ガス排出ゼロを目標とする同市の具体策のひとつです(続きを読む >>

●2019年 2月 25日号

▼「同友会は面倒くさいよね」という話をよく聞きます。全員一致をめざして議論を尽くすことを基本としているので、多数決でパッと決める訳にはいかない。(続きを読む >>

●2019年 2月 15日号

▼今年、中同協は設立50周年を迎えます。私たちは今、運動の到達点を確認し新たな半世紀を展望しようとしています。1月の中同協幹事会で、中同協の将来展望の検討を行いました。(続きを読む >>

●2019年 2月 5日号

▼1月は往ぬる。早くも節分を迎えます。節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、24節気の立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指しますが、近代では、立春の前日の行事になっています(続きを読む >>

●2019年 1月 25日号

▼元日本教育学会長で東京大学名誉教授の大田堯先生が12月23日に100歳でお亡くなりになりました。同友会でも限りなくお世話になっており、心よりお悔やみを申し上げたいと存じます(続きを読む >>

●2019年 1月 15日号

▼新しい年が始まりました。世界経済の先行き不安が高まる中、日本経済もその影響を受け減速傾向が顕在化しています。そのような中、AIなどによる技術革新は急速に進化を続けています。(続きを読む >>

●2019年 1月 5日号

▼中同協設立50周年を迎える年が明けました。「同友会の3つの目的」、「自主・民主・連帯の精神」、「国民や地域と共に歩む中小企業」の理念の下に一致して取り組んできた結果、すばらしい企業や経営者を多く生み出し、さらに全国の会員数は、9年間連続で過去最高を記録しています(続きを読む >>

このページのトップへ